マンガ動画を使った集客事例!

こちらの動画では冒頭箇所に「商品名」を謳い、商品を利用することでのベネフィットを伝えるCM動画になります。

動画視聴者は3秒で動画視聴を続けるか否か判断すると言われておりますので、動画から離脱する前に商品名を告知することで商品認知度を高め、視聴を続けるユーザーには商品を使うことのメリットを解りやすく伝えています。

末尾個所では、実際にCMを視聴したユーザーへしてほしいアクションを促します。

対象CMでは「動画詳細個所へクリック!」と告知していますので、CMを最後まで視聴したユーザーは動画詳細個所のに記載している販売ページ(LP)のURLをクリックして販売ページへ誘導させる仕組みをとっています。

このような短いCM動画ではtwitterへの投稿、以下のような動画の冒頭へ表示させる、有料広告で活用するのが効果的です。



Youtubeへ動画投稿する際にCM動画を冒頭に挟み込むパターンです。このCM末尾でも「動画詳細個所へクリック!」と告知していますので、CMを最後まで視聴したユーザーは動画詳細個所のに記載している販売ページ(LP)のURLをクリックして販売ページへ誘導させる仕組みをとっています。

あなたのターゲット(老若男女)が好んで視聴する動画を企画することで、CM動画であっても購入率の高いユーザーを集客することができます。

「オタク」「恋愛」といったアクセスが集めやすいジャンルの動画冒頭にCMを表示させることで、毎月100万、200万、500万といった宣伝効果を0円で得ることが可能です。

Youtubeでは、ある程度の動画数を公開することで、放置してても安定的に集客を行うことが出来ます。

※この宣伝効果の算出方法は1再生回数当たり2円。漫画CMマーケティング!を実践しているお客様のYoutubeチャンネルの再生数の事例に基づいています。

※対象動画は「40代男女」をターゲット想定して企画しています。




販売商品を絡めて「コマ漫画動画シリーズ」を企画し、Youtubeで連載するパターンです。

動画セミナーでも解説しておりますが、漫画やアニメを好むユーザーは多いので、マンガやイラストを活用して定期的に動画を連載していくことで固定ファンが付き集客することが出来ます。

また、このような「企画もの」(ストーリー)動画では、販促商品とは一見関連性のない企画を行うことでクッションページを活用するのと同様に「潜在的な意識を起こさせる」効果がありますので、対象商品に興味のないユーザーでも広く集客し成約に結び付けることが出来ます。

対象動画では「金欠だから女子に振られた」よくありがちなストーリーから、私が販売してる「Youtube恋愛マーケティング!」への購入を促しています。

企画ものマンガは、Youtube、twitter、facebookでも好まれるコンテンツですから、各サイトで集客することができます。

尚、twitter、facebookへの有料広告を展開する際も実際に動画から成約に結びつけることが可能です。


 

 

今回は、代表的な漫画CMマーケティング!を活用した事例動画をご紹介いたしました。

是非、あなたがマンガ動画を制作する際ご参考にしてください。