TwitterやFacebookなどSNSサイト使って誰でも気軽に宣伝投稿できる時代になりました。

しかし、簡単に宣伝はできるけど投稿しても「イイね!」「シュア」「RT」(リツイート)さることなくスルーされてしまう…という寂しい体験をしたことはありませんか?

どんなに多くの情報を投稿していても総スカンをくらう悲しい状況では宣伝投稿していても全く意味はありません。

友達やフォロアーが100人以上いても、イイね!が2つや3つでは悲しすぎます…。

逆に、最近話題となっている松居一代さんのように下らない情報なのに、多くの「イイね!」や「シェア」をもらっている人がいますが、あなたと多くのシュアやいいねをもらえる人。

どんな違いがあると思いますか?(芸能人や著名人は関係ありません)

実は、TwitterやFacebookで「イイね!」「シュア」「RT」してもらうには、誰でも簡単にできる‟ある法則”があるのですよね。

そこで今回は、あなたの情報を1万人、10万人、100万人にイイね!、シュア、RTされる「ある法則」をコッソリお知らせしますね!

 

〇「見ざる言わざる聞かざる」の法則とは?


日光東照宮には、三猿「見ざる・言わざる・聞かざる」が並んでいます。

日本古来のことわざで「(自分に)都合の悪いこと(人の)欠点や過ちを、見ない、聞かない、言わない」という意味があります。

この言葉は中国の孔子の言葉という説もあり、さらに三猿に似た表現は世界各地で伝承されています。

つまり「見ざる・言わざる・聞かざる」は人類に共通する大きな戒めであるのです。

この三猿のような考えが、実は宣伝の世界にも存在します。

1900年代に活躍した広告界の巨匠マクスウェル・サックハイムは広告のコピーを考える際にこう考えたそうです。

お客さまは・・・・

・あなたの広告を見ない
・あなたの広告を信じない
・あなたの広告を見ても動かない

つまり広告のターゲットである「お客さま」は、あなたの宣伝を「見ない」「信じない」「動かない」ものであると説いていて、

この「3ない」をどうしたら突破できるかが宣伝広告を成功させるのカギとも言ってます。

では、どうしたらあなたの宣伝投稿を「見て」「信じて」「動いて」もらえるのでしょうか。

それには‟ある魔法”をかけることが大切です。

 

〇「見ざる」「信じざる」「動かざる」を覆し人の関心を鷲掴みにする、たった1つの魔法とは?


宣伝投稿する際に必要となるのは文章力ではありません。

どんなに下手な文章でも、人の心をつかむ内容であれば問題ないのです。

では、どうしたらあなたの宣伝投稿は人の心をつかめるのでしょうか。

それはとても簡単です。あなたはここまでの文章を食い入るように読んでいませんか?

実は宣伝投稿を読ませるコツは「呼びかけ」にあるのです。

宣伝なのに呼びかけって変だなと思うかもしれませんが、この記事をすでに食い入るように読んでいた「あなた」なら効果をしっかり感じているのではないでしょうか。

 

〇この宣伝投稿を「誰」に書いているのかが大事なポイント!


この文章でも「あなた」という呼びかけを何度もしました。

この「あなた」と呼びかけることで、あなたが宣伝投稿を読んでもらいたい人がピンポイントで投稿文章を読んでくれるようになります。

投稿の内容が自分に対して書かれたものだと感じることができると、人は宣伝文章を読み進めてくれるのです。

宣伝文章を読んでもらったら、次に必要なのは「共感」してもらうことです。

仮に100人の友人がいても全員の共感を得ることは難しいですが、ターゲットを絞って宣伝投稿をすることで共感できる人から「シェア」や「イイネ!」をもらえるようになります。

このような投稿に対する共感はシェアを生み、一瞬にしてあなたの情報が1万人、10万人、100万人にシェアされていきます。

1万人、10万人、100万人といった多くの人へあなたの宣伝投稿が拡散されれば、必然的に大きな宣伝効果を生み出すことは可能ですよね。

現在はソーシャルメデイアにおいて、このような革新的なマーケティング手法が主流となっています。

しかし、宣伝投稿の効果を異次元の世界まで飛躍させるには画像や動画が必要です。

 

〇文章と画像や動画コンテンツの違い


TwitterやFacebookでは文字だけでなく画像や動画のコンテンツも投稿できます。

今までは文章の副産物として添付していた画像や動画でしたが、最近は少しずつ形態に変化が出てきています。

FacebookはInstagramを、TwitterはVineという動画サイトを買収したことも有名ですよね?

ソーシャルメディアが動画による宣伝に着目したことで、市場価値は大きく変化しています。

誰でも投稿できるソーシャルメディアだからこそ上手に動画を活用することで、一瞬にして情報が1万人、10万人、100万人にシェアされることができるのです。

あなたも普段テレビや雑誌を見ているとローカルな製菓メーカーの食品がYoutubeで話題となって1年分の在庫が1週間で完売となってしまった。

40年前に流行ったテレビアニメがTwitterで話題となって、テレビアニメの再放送やゲームアプリで復活した。

こんな話題は毎日のように見かけますよね?

ですが、単純に動画を投稿すれば同じような現象が起こるかといえば、この動画投稿でも先ほどのような「見てもらえない」「共感してもらえない」「行動してもらえない」に悩む人は多いです。

やはり大切なのは「動画を見てもらう」「共感してもらう」「行動してもらう」実務ノウハウを身に着けることです。

このノウハウさえ、あなたが身に着けてしまえば宣伝投稿をするたびに情報がどんどん拡散されますので、広告費不要で爆発的な宣伝効果の恩恵を受けることが出来ます。

 

〇なぜ、動画を使うと宣伝効果があるのか?

2017年現在、全ネットユーザーの82%が動画を視聴しているという統計があるくらいですから、宣伝投稿に動画を使うことでシュアされる確率が高くなります。

ですから最近では宣伝投稿においても文章ではなく、動画に伝えたいことを集約して発信している個人や会社も多いのですよね。

やはり、人は文章よりも動画の方がイメージに残しやすいから。

例えば、ここにフランス料理のレシピがあります。

すごく難しい技術を要するレシピを、ただ文章にしたらどうでしょうか。

聞きなれない食材や技術をただ文章に書いても、人は読もうとはしません。

理由は簡単で「読んだだけでは」理解できないからです。

しかし、そのレシピを実践した動画ならどうでしょう。

手際よく作るシェフの手と、レシピを解説した文章をテロップに流します。

手際のいいシェフの手が何を作るのか、人は目を向けるのではないでしょうか。

同じレシピでも文章のみは読むことすらしてもらえませんが、動画であれば何をしているのか見てもらいやすいのです。

そして紹介するレシピのゴールがお店の紹介で、手軽に食べられるフランス料理だとしたら、最後まで見てもらうことでマーケティング(宣伝)の価値は十分にあるのです。

つまり動画コンテンツは、宣伝において文章よりもユーザーの関心を惹きつけられる最大の武器ですから、もはや宣伝投稿する際には絶対に外すことは出来ないのです。

 

〇動画マーケティングをはじめるには?

動画マーケティングは、今や70代の年配者や中学生でも出来るくらいですから、業者へ依頼することなく全て「セルフ」で制作や運営を行う時代です。

それでも、以下のような心配がありましたら

・動画製作って難しそう
・動画宣伝してもスルーされか心配
・スキルを学ぶのに高額な費用がある
・投稿がシュアされた時はどうやって対応していいか解らない

あなたにオススメなのは、Y・hoo公認マーケッターが注目しているという「7500万円の宣伝効果を0円で受ける魔法のテクニック」無料動画セミナーです。

この無料動画セミナーなら、無料で出来る動画制作方法から今流行りの動画広告の運営はもちろん、制作した動画を広告費不要で1万人、10万人、100万人にシュアさせる実務ノウハウまで余すことなく勉強できます。

しかも「無料」。さらに、この記事を「シュア」「RT」してくれると298000円相当の特典プレゼントまで提供してくれるようですよ^^

この無料講座を提供しているのは、2014年から6000本以上の動画を製作投稿した実績を持つ株式会社天空の藤原さんです。

藤原さんの自作動画は、上場企業や有名人を抑えて日本一の動画再生回数を達成した経歴の持ち主。

動画宣伝ノウハウは企業や個人を含めて2000人以上に提供した実績があり、動画マーケティングにおいて右に出るものはいません。

そんなすごいマーケッターの動画マーケティング講座が、なんと無料で受けられます。

こんなチャンスはめったにありません!!

あなたが動画マーケティングに興味があり、このページに出会えたのなら迷うことはありません。

近日無料公開が終了しますから、今すぐ動画マーケティングを基礎から学び、あなたも動画で凄腕マーケッターを目指してくださいね!!